一般社団法人 日本周産期・新生児医学会

会員ログイン
English
会員・医療関係のみなさま
医学生・研修医のみなさま

学会からのお知らせ

妊婦に接種するRSウイルス母子免疫ワクチンについて

最終更新日:2024年7月1日

会員の皆様へ

理事長 田中 守

妊婦に接種するRSウイルス母子免疫ワクチンについて

RSウイルス母子免疫ワクチンである組換えRSウイルスワクチン(販売名:アブリスボ®)が、「妊婦への能動免疫による新生児及び乳児におけるRSウイルスを原因とする下気道疾患の予防」を適応として、日本でも製造販売承認を取得し先日から販売が開始されています。日本周産期・新生児医学会はRSウイルス感染症、ならびにRSウイルスワクチン等による予防戦略について、母体ならびに新生児・乳児・幼児の健康を守る医療従事者が協働し、理解と実践が進むことを期待します。

詳細は こちら

このページの先頭へ