一般社団法人 日本周産期・新生児医学会

会員ログイン
English
会員・医療関係のみなさま
医学生・研修医のみなさま

学会からのお知らせ

FAOPS 2024 Seoul「若手研究者派遣助成」決定のお知らせ

最終更新日:2024年5月15日New

会員の皆様へ

 

日本周産期・新生児医学会 渉外委員会委員長

田中 守

 

「若手研究者派遣助成」決定のお知らせ

 FAOPS 2024への「若手研究者派遣助成」に御応募いただき、誠にありがとうございました。

 

 最終的に24名の皆様に御応募いただき心より御礼申し上げます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。一人でも多くの先生方にアジア・オセアニアの周産期の先生方との交流とふかめていただきたいと考えておりますので、多くの御応募に心より感謝いたしております。

 

 一人でも多くの皆様を支援させていただきたいという趣旨で、理事会で検討させていただいた結果、当初予定の「助成者」10名10万円の助成いについては同率10位が5名いらっしゃったことから14名へ変更し、選に漏れた10名の皆様にも「助成補助者」として各人5万円の補助をする事を決定いたしました。

 選考方法は、産科4名、新生児科4名、小児外科3名の渉外委員・幹事が、自施設からの演題を除き、年齢も考慮しつつ5点満点で評価を行い、厳正な審査の上選出いたしました。

 

「助成者」の選に漏れた先生には、助成費用が半額とはなりますが、「助成補助者」として学会より補助をいたしますので、是非、アジア・オセアニアの周産期の先生方との積極的な交流を図っていただきたいと考えております。

FAOPS 2024若手研究者助成・助成補助者一覧

 

このページの先頭へ